だから先生に声をかけるな

「パティシエ」のこと嫌いかな?好きかな?いろいろ思いがあるかもしれないけど、必ずしも悪いもんじゃないんじゃないかな、「使命」。そう考えたりしない?
ホームボタン

どんよりした週末の昼に冷酒を

近頃、横腹の脂肪を頑張って減らそうと思い筋トレを頑張っている。
小さな娘を俺の足元にしがみつかせて回数を数えながら筋トレをしたら、娘とのコミュニケーションにもなって、子供も数を覚えこむし、自分のぜい肉もそぎ落とされるし、一粒で二度おいしいことだと思っていたけれど、何日かは、楽しんでいた小さなわが子も飽きてしまった。

ゆったりと話す彼とオレ
今日の体育はポートボールだった。
少年は、ボールを使ったスポーツが苦手だったので、不満げに体操着に着替えていた。
今日はきっと、運動神経抜群のケンイチ君ばかり注目を集めることになるんだろう。
今日はきっと、運動神経バツグンのケンイチ君の活躍が目だつのだろう。
だとしたら、少年が思いを寄せている、フーコちゃんは、ケンイチ君が活躍するところを見るなるのだろう。
少年は「あーあ」とこぼしながら、体育の場へと向かった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君ではなく、少年の方をチラチラ見てたことを、少年は気がつかなかった。

ゆったりと吠えるあの子とぬるいビール

営業に出ると、1週間近く帰れない場合もある。
凄く、一生懸命頑張ってる感は持っているけれど、とても気を張っているので、毎日3時間睡眠。
起きる予定時間のかなり前に、目が覚めてしまう。
けれど、帰宅した時のやりきった感は気に入っている。
真剣に豪遊するし、快眠だし、しっかり食事をとる。

どんよりした土曜の早朝に焼酎を
この一眼は、あまり大きな声では言えないけれど、浜で見つけた物だ。
昨日は、8月のはじめで、中盤で、もちろん暑い日だった。
街中で、彼女と言い合いになって、今日は口を利きたくないと告げられてしまった。
それで夜、家からこの海岸まで、自転車でやってきて、海岸をじっと見ていた。
すると、少々砂をかぶったこの一眼に出会ったのだ。
持ち帰って、興味を持って夜の様子を一枚撮影してみた。
一眼レフの落とし主より、上手に撮れているかもしれない。
恋人の笑顔撮りたいなー、とか、なかなかピント調節って丁度良くならないなーとか心の中で思っていた。
明日、なんとか会うことができたら、恋人に自分が悪かったと謝るつもりだ。
それが済んだら、この一眼レフ、落とし主に届けよう。

気どりながら体操するあの人と暑い日差し

雑誌を見ていたり、街を歩いていると、可愛いな〜と思う人は多い。
顔立ちは、一般的な美しさとは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
その人の雰囲気は、その人の内側かもしれない。
結構大事だと思う。
最近見てしまうのはミュージシャンの西野カナだ。
イベントに行って初めて質疑応答を受けている姿を見た。
女の子っぽい!と考えずにいられない。
愛嬌のある顔立ちに、スタイルも程よい感じ、パステルカラーがとても合う印象。
会話がほんわかしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
歌は結構聞くけれど、話している姿を見てますますファンになった。

涼しい金曜の夕暮れは熱燗を
盆が間近になって、とうろう流しなどのイベントがほど近くで行われている。
付近のイベント会場では、竹やペットボトルで作り上げられたとうろうが置かれていた。
近くの観光施設では、晩に電気のライトはついてなくて、ろうそくの照明だけなのは、めちゃめちゃ眩しかった。
竹や木の中でキャンドルが灯っており、マイルドな灯りになっていた。
きめ細かい明かりが四辺の樹々を照らしていてとっても眩しかった。

寒い祝日の深夜に散歩を

今考えると、学校へ通うようになってから高校までそんなに学習をしてこなかった。
他の生徒たちが一生懸命に学習していても、自身は言われた通りの事をひたすら行うといった感じだったように思う。
なぜか、短大に入学してから自分の好きな分野の勉強が始まると、知識がするすると入ってくるようになった。
そして、社会に出て、研修期間の勉強を過ぎて責任のある業務になると、どうしても好き嫌い関わらず学習せざるを得なくなった。
めんどくさいとか考える時間もなく、どうしても学習する数年が続いた。
学習続きの期間をしばらくすると、今度は高校時代に取り組まなかった学習をまたしたいと思うようになった。
今では、同じように考えている人が当時のクラスメイトにたくさんいる。

風の強い大安の明け方は昔を思い出す
最近、残業やするべきことに手いっぱいで、そんなに空いた時間が持てない。
少しの空き時間が持てても、常に次やるべき仕事の納期など、何かしらの期限が頭の隅にある。
そんな状況で、丸一日など時間ができると、めちゃくちゃワクワクしてしまう。
では、少しのオフをどんなふうに使おうかと。
最終的には毎回、あれも、これも、など願いのみが募り、全部は上手くいかない。
特に私は行動が遅いので、あっと言う間に夜まで経過。
時は金なり、という言葉は本当に真実だと思う。

前のめりで踊る姉妹と暑い日差し

今日の夕食は家族と外食なので、少年は昨日からすごく楽しみにしていた。
何を注文しよう、と出発前からいろいろと考えていた。
ハンバーグやオムライス、ざる蕎麦や天丼、なんてメニュー表には何があるのかと想像していた。
行くのは最近オープンした和風レストランだ。
お父さんの運転する車は、もうすぐお店の駐車場に着く頃だ。
お母さんは助手席でのんびり景色を見ている。
お姉さんは少年の隣で、携帯電話をいじっている。
少年は車から降りると駆け出して、ドキドキしながら入り口の扉を真っ先に開けた。

どんよりした休日の朝は冷酒を
服屋さんって私には無理・・・など考えるのは私だけだろうか。
出勤の度に、抜かりなくファッションを選ばないといけない。
私なんて、会社で仕事する時はスーツを着るといいし、メイクもシンプルでOKとされる。
お出かけの時は、自分で納得する服装を選べばいいし、自宅で働くときはTシャツにジーンズでできる。
なので、おそらく、服を売るなんて商売には、向いていない。
ショップに入ると店員さんがやってきて、流行や合わせ方を語ってくれる。
何度買い物に来てもそれに怖くなり、その場から逃げ出してしまう。
こういった部分も、店員さんって難しそうと思う大きい理由の一つだ。

関連サイト、お役立ちサイト紹介です。

上越市の自己破産の相談は、弁護士・司法書士へ。
自己破産しようと思っている上越市の人、ほんとうに自己破産が最適な解決策ですか?借金の悩みは、まず弁護士や司法書士に無料相談してみましょう。
鹿屋市の自己破産の相談は、弁護士・司法書士へ。
鹿屋市で自己破産を考えている方、もう弁護士や司法書士には相談しましたか?借金返済問題を解決するなら、司法書士や弁護士に相談するのが確実ではないでしょうか。
日田市の自己破産の相談は、弁護士・司法書士へ。
日田市で自己破産しようと思っている人、まずは司法書士・弁護士に無料相談してみてはいかがでしょう?自己破産とは別の解決策も開けるかも分かりません。
菊川市の自己破産の相談は、弁護士・司法書士へ。
菊川市で自己破産を考えている方、司法書士・弁護士にはもう相談したでしょうか?借金返済問題を解決するなら、司法書士や弁護士に相談するのが最善策ではないでしょうか。
東御市の自己破産の相談は、弁護士・司法書士へ。
東御市で自己破産をしようと考えている人、弁護士や司法書士にはもう相談しましたか?借金問題を解決したいなら、司法書士や弁護士に相談してみるのが最善策です。
甲府市の借金返済相談は、弁護士・司法書士へ。
借金返済問題の計画や方法をどうしたらいいか悩んでいる方、弁護士・司法書士に相談してみましょう。甲府市対応OKで無料相談もOKの相談事務所を紹介しています。
佐久市の借金返済相談は、弁護士・司法書士へ。
佐久市で借金返済問題や多重債務などに関する相談を弁護士・司法書士にするなら。ここは、大きすぎる借金など、お金の問題で悩んでいる方に向けた情報サイトです。
丹波市の借金返済相談は、弁護士・司法書士へ。
丹波市で債務整理や任意整理の相談をしようと考えている方。借金に関してはなるべく早く解決すべきものです。法務事務所や法律事務所へ、すぐに無料相談してみては?
富津市の借金返済相談は、弁護士・司法書士へ。
富津市で借金返済問題で参っている人、1人で悩んでないで、今スグ電話で無料相談してみてはいかがでしょう?弁護士・司法書士へ、借金を返す手助けをしてもらいましょう。
潮来市の借金返済相談は、弁護士・司法書士へ。
潮来市で債務整理や任意整理をしようとしている人へ。借金返済問題についてはなるべく早く解決したいものです。司法書士・弁護士に、今スグ無料相談してはいかがでしょうか?
吹田市の闇金相談と弁護士
吹田市にお住まいの方で闇金被害に頭を抱えている人、法務事務所・法律事務所に相談してみたでしょうか?闇金問題を解決するためには、司法書士や弁護士に相談するのが近道です。
三郷市の闇金相談と弁護士
三郷市の方で、ヤミ金問題の解決のために、相談するならコチラがお勧めです。闇金問題、早めに解決してすっきりしましょう!
飯能市の闇金相談と弁護士
飯能市にお住まいで闇金トラブルに苦しんでいる方のためのサイトです。今、すぐ、弁護士や司法書士に相談して、ヤミ金被害の解決へと一歩踏み出しましょう!
京丹後市の闇金相談と弁護士
闇金トラブルに苦しんでいる人は、いつ終わるのか分からない現状に希望を失っています。京丹後市にお住まいの人、闇金トラブルについてなら、こちらで無料相談してみませんか?

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 だから先生に声をかけるな All Rights Reserved.